部下や後輩を育てるうえでの心構えや心にとどめておきたい言葉

生活




小さい会社で働いているくろぶちです。

社長をはじめ14名います。

私は30代半ばですが、入社歴でいうと中堅です。

ですが、年齢で言ったら一番下です。

まぁ正直ツラいですわ。

だって年上に教えるんですから。

[quads id=3]

部下や後輩に仕事を教える時の心構え

私が以前勤めていた職場でよく言われたのが、

「人を育てるということは、まず自分が育つ努力をしなければならない」

と言われました。

人に物事を教える時、ついつい自分の目線で教えてしまいますよね。

「こうやってやればいいんだ」

「それは違うって」

とか。

それで、相手が分かればいいんですが、大抵の場合は理解してもらえないんですよね。

だって、教えている人が相手の立場になって考えて教えていませんから

あなたが新人の時どうでしたか?

丁寧に教えてもらいましたか?

私はいくつか職を変えましたが、あまり丁寧に教えてもらえませんでした。

そいうこともあり、私は人に教える時、相手に逐一(ちくいち)
分からないところありますか?」

(現在の会社では後輩がみんな年上なんで、こういう聞き方になります。)

と聞きます。

確かに

そこまでやらなくてもいいんじゃないの

っていう人もいるかもしれません。

ただね、人を育てることをいい加減にやったら、そのあとの仕事もいい加減になってしまいます。

それに、サラリーマンだと意識しないのですが、もしあなたが経営者だったらどうしますか?

いい加減に教えますか。

会社を大きくしよう

利益をあげよう

と思ったら人材育成に力を入れますよ。

まぁ会社が大きくなるのはどうでもいいとして、利益があがったら給料やボーナスは出るんじゃないかなって思います。

まともな経営者の会社でしたら・・・。

確かに人材育成は難しいですよ。

手取り足取り教えても分かってもらえない時もあります。

そこでですよ!

なんでわからないの(怒

じゃなくて
なんでわからないのかな~って教えている人がまず考えるんです

そうすると、

じゃあこんな方法だったらわかるかな

ってなるんですよ。

これが、

人を育てるということは、まず自分が育つ努力をしなければならない

ということです。

そのうえ、自分も人として大きく成長できます。

[quads id=3]

山本五十六の名言

山本五十六(やまもといそろく)は日本軍軍人であり、数々の名言を残しています。

その中の一つに、

やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、ほめてやらねば、人は動かじ

聞いたことがあるかもしれませんね。

山本五十六は軍人であり、人を育てるプロだったみたいです。

ですから、このような言葉が出るんでしょうね。

やってみせて

そうです。新人は右も左も分からないんだから、まずお手本として行動を見せないと。
言って聞かせて

次に言葉に出して説明ですよ。
させてみせ

そしたら新人にやらせるんですよ。
ほめてやらねば

多少違っても褒めるんですよ。

「そうそう、そんな感じ。そんな感じでやればいいよ。」

ってね。
人は動かじ

人間はなんだかんだ褒めて欲しいんです。

褒められたら嬉しくなりますよ。

人間は理論で動くんではなく感情で動く生き物ですからね。

最後に

今回は、私が職場で言われた言葉と偉人の名言を使わせていただきました。

部下や後輩を育てることもそうだし、お子さんがいる人でしたら、「子育て」という言葉があるぐらい、育てるということに関しては日々勉強していると思います。

人を育てるということは一朝一夕には行きませんので、慌てずしかし、しっかりと伝えなきゃいけないことは伝えていきましょう。

1人でも参考になれば幸い。

コメント

タイトルとURLをコピーしました