【口コミ・評判】2か月経って住友生命のVitalityを振り返って評価してみた

保険・健康




住友生命のVitalityはまだ始まったばかりで、口コミや評価するサイトやブログが見当たらないので、今後住友生命のVitalityを検討する人に少しでも参考になれば幸いです。

ちなみに保険内容はまったくの素人で詳しくわかりませんので、Vitalityに関してだけを評価します。

スポンサーリンク

結論から言うとおもしろい取り組み

いままで生命保険って受け身で保険内容はいまいち把握していませんでした。

だって死亡した時やケガをしない限り、真剣に保険内容を読む機会がないからです。

 

正直今でも保険内容はいまいちわからず、だいたいしか把握していません。

それでも、住友生命のVitalityに加入してから少し「保険」ということを気にするようになりました。

それは「保険金額」が1番の理由だと思います。

 

住友生命のVitalityでは、「健康チェックやちょっとしたアンケート、歩数、心拍数」といったことでポイントを獲得でき、次年度の保険料を安く抑えることができるからです。

 

がんばった分だけ自分に返ってくる

 

保険料が安くなるだけではなく、ポイントを獲得するために「歩いたり、スポーツしたり」します。

それだけでも、「健康」という意識を持ちます。

それによって健康な体を手に入れ、保険料が安くなる。

 

やらされているのではなく、みずから行動をしているのでストレスもない

 

こんなおもしろい取り組みはないと思いました。

おもしろい点

2つおもしろい点があるのですが、

1つ目はなんといっても「ポイント制度」ですね。

ポイントによって

ゴールド
シルバー
ブロンズ
ブルー

とあります。

 

ブロンズは保険料の変動はありません。

健康チェック(健康診断の結果を入力する)やちょっとしたアンケートに答えて、少し運動すれば簡単にブロンズになれると思います。

 

ブルーは保険料が上がります。

運動も健康チェックも何もしなかったら確実にブルーです。

 

シルバー・ゴールドは保険料が下がります。

シルバー・ゴールドになるには、かなり運動が必要になると思います。

それでも、わたしは今の調子だとゴールドを狙えそうです。

 

ポイント制度を詳しく知りたい方はこちらを確認してください。

>>>住友生命のVitalityのポイントについて

 

2つ目は「アクティブチャレンジ」というものです。

これは1週間という期間に決められたポイントを獲得すれば、提携している企業の商品をルーレットでもらえるというものです。

提携している企業って言っても、今は(2018年11月17日現在)スターバックスとローソンしかありませんが。

 

具体的にいうと、Vitalityを開始して、

1週目~3週目は獲得できず

獲得できなかった理由がありまして、こちらの「【Vitality】S Healthでは歩数のポイントが貯まらない」を読んでください。

4週目 140ポイント獲得 ルーレットをまわして ローソンのコーヒーSをゲット
5週目 120ポイント獲得 ルーレットをまわして ローソンのスムージードリンクをゲット
6週目 120ポイント獲得 ルーレットをまわして スタバの500円引きをゲット
7週目 160ポイント獲得 ルーレットをまわして ローソンのコーヒーSをゲット
8週目 200ポイント獲得 ルーレットをまわして ローソンのコーヒーSをゲット

というような感じです。

ただ今後、1週間で決められたポイントがどこまで上がるのかが気になります。

 

スポンサーリンク

 

残念な点

残念な点は2つあります。
1つ目は、Vitality利用料です。

月額864円です。

正直高く感じます。

 

営業の方が言うには、「南アフリカで始まったVitalityという制度が世界中に広まりつつあり、そのデータを使わせてもらっているから」という理由みたいです。

それでも高い気がする。

 

私は保険料を1万円以内に収めるよう担当営業者さんにお願いしています。

そして、Vitalityに加入した1年目は無条件で15%引きになります。

ですから1,500円安くなったわけですが、Vitality利用料が864円必要ですので実質636円です。

そう考えたらやっぱ高いですよね。

 

それでも、Vitalityの説明書には「将来価格が変動する可能性があります」と記載されていたので、安くなることを期待したいと思います。

ちなみ約600円保険料が下がったのですが、この600円で保険内容をすこし充実させました。

だから、保険料は1万円以内。

 

2つ目の残念な点は「歩数や心拍数、ジム(指定あり)、イベントで得られるポイントは年間14,000ポイントまで」と言うことです。

わたし、歩数だけで年間15,000ポイント~16,000ポイント行きそうなのですが。

例えば、健康チェックやアンケートで答えられない項目があったら、その項目のポイントが稼げないんです。

 

健康診断を入力する項目があるのですが、1つの項目で2,000ポイント獲得できるんです。

逆に言えば、入力できない項目があったら損するです。

その穴埋めを歩数のポイントでできたら助かるじゃないですか っていうことでなんです。

だから14,000ポイントという上限を撤廃して欲しいなあと思っています。

 

スポンサーリンク

最後に

わたし、住友生命のVitalityが最近始まったばかりって知らなかったんです。

もしかしたら、担当営業者さんが言っていて、私が聞き逃した可能性があるかもしれません。

 

わたしは分からないことがあればすぐにネットで調べる性格なんです。

それで分からないことがあってネットで調べたのですが、

 

なんも情報がない!

 

とちょっと困惑してしまいました。

ですから、今後分かる範囲で皆さんに少しでもお伝えして役に立てればいいなと思います。

 

あっ、住友生命のVitalityのCMが流れている。

 

1人でも参考になれば幸いです。

 

Vitalityのポイントを貯めるには
歩くことが重要になってきます

ですので、少しでも足やひざ、腰の負担を減らすために中敷きに「インソール」を使うことをおすすめします。

≫いつまでも健康に歩こう

 

また歩いていると靴の中が蒸れて、足がクサくなり気になってくると思います。

そんなあなたに読んでいただきたい記事です。

≫【グランズレメディ】安全靴で実際に使ってみた効果と注意点

 

スポンサーリンク
おすすめSALE情報
【Amazon Cyber Monday】

12/7(金)18:00~12/11(火)1:59まで

プライム会員限定キャンペーンもありますので、この際会員になるのもいいかもしれません。

私は会員になっていて配送料無料やAmazonプライムビデオを利用しています。

amazonプライムの詳細 ≫ Amazonプライム

Amazon Cyber Mondey ビッグセールはこちら

保険・健康

ガンコな私ですが、妻の尻にしっかりと敷かれて、子ども3人含む家族5人 仲良く暮らしています。
趣味はDIYですので、DIY情報も発信していこうと思います。

curobuchiをフォローする
curobuchiをフォローする
あっ いいね!

コメント