【Vitality】雪かきでポイントを獲得することができるか

アクティブチャレンジ




住友生命Vitalityに興味をもった方、始めたばかりの方は必読です。

知っておいて損はありません。

記事の下にも貼っておきますので、このまま安心して続きをお読みください。

あわせて読みたい記事 住友生命Vitalityを始めるにあたって注意することと1年間の流れ

あわせて読みたい記事 【住友生命Vitality】ゴールド達成に必要なこと

 

 

先日、雪かきをやる際に心拍数を測ってポイントを獲得することができるかやってみたら、40ポイント獲得できました。

関連記事 【Vitality】心拍数でポイントを獲得するために室内で運動してみた  に1行だけかいてあります。

それで、それが偶然なのか必然だったのかはっきりしてないので、今回も雪かきをやりながら心拍数を測ってみました。

心拍数のポイントを狙う

雪かき30分で歩数のポイントを狙うのは難しいと判断して、心拍数を測ってポイント獲得を狙います。

30分間の運動で平均心拍数が(220-活動日の満年齢)×60%以上で40ポイントもらえますので、私の場合は平均心拍数が111以上であれば40ポイントもらえる計算になります。

先に結果を言うなら微妙だった

前回の数値。

ポラールのアプリのスクリーンショットです。

朝9時2分頃作業開始

作業時間 31分11秒

30分間(31分間)の平均心拍数 114

ギリギリ40ポイント獲得です。

そして今回は、

朝7時18分頃作業開始

作業時間 30分7秒

30分間の平均心拍数 106

ぎりぎり達成できませんでした

なので微妙。

雪かきへ取り組み姿勢が影響したかも

前回は仕事が休みでしたので、本気を出して「心拍数でポイントを稼ぐぞ」って雪かきに取り組みました。

ですが今回は仕事がある日。

それも朝。

仕事のことを考えて本気が出せなかった。

また、雪国では当たり前だと思いますが、天気予報を見て夜雪が降るとなると、翌朝起きる時間はいつもより1時間以上早くなり、外を確認して雪かきをします。

そして、出社しても今度は会社の駐車場やらなんやらの雪かき。

ですから、心拍数を測りながらもどこか心が前向きにならず、雪かきに本気を出すことができなかったんだと思います。

だから、微妙に心拍数が届かなかったのかなっと。

設定も少し変えてみた

ポラールA370の話しになってしまいますが、前回はスマートウォッチの設定の中にトレーニングがあり、さらに詳細で「筋力トレーニング」がありそれを選択しました。

ですが、今回は「その他のアウトドア」にしてみました。

このことが影響あるかどうかはわかりませんが、今後いろいろ試したいと思います。

最後に

今回は微妙な結果になってしまいましたが、これからも運動以外でポイントが獲得できるか試してみたいと思います。

・・・運動以外て筋違い!?

よくよく考えるとダメなのかな。

いやでも健康で丈夫なカラダ作りにつながるんだったらきっといいんだろう。

(自分本位な奴って言わないでね)

少しでも参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました