住友生命Vitalityを検討している女性【特に妊娠・出産の予定がある方】は必読です

住友生命 Vitality




少しでも住友生命Vitalityの情報を発信できたらいいなあと思い、住友生命Vitalityの [よくあるご質問 ] のところを見ていたら、

「えっ、なんで」

と思ったところがあったので、紹介させていただきます。

 

※男性目線から感じたことを書きましたので、もしかしたら気分を害するような言い回しがあるかもしれませんが、ご承知して読んで頂くとありがたいです。

 

妊娠中でもVitality健康プログラムを中断することができない

正直びっくりしました。

私は男性ですが、子ども3人いますので、妻の妊娠姿をみています。

「妊婦が運動できるかい!」

と思いました。私の妻はつわりがひどかったので、運動以前に動くこともままなりませんでした。

そのうえお腹が大きくなってきたら運動どころか、歩くのだって大変ですよ。

 

住友生命Vitalityに加入した時点でポイントを稼がなきゃ保険料が安くならないんです

 

そりゃーね、臨月になったら動いた方がいいって言いますけど、「果たして妊娠前のように動けるのかな」って疑問に思います。

 

Vitalityのポイントは、1日8,000歩 歩いて20ポイントもらえるんです。

妊婦が8,000歩 歩けるかな。中には歩ける方もおられるとは思います。

ただ私の妻だったらって考えると難しく感じました。

 

それに、出産した後だって運動するのが難しい人もいるんじゃないかなって思います。

 

乳児の面倒を見ながらポイントをためる」っていうのは大変だと思います。

乳児の面倒を見ていたら、運動する体力も気力もありませんしね。

 

ただ寝たい

 

住友生命Vitalityの言い分としては、

妊娠中や、ケガ・病気であっても、Vitality健康プログラムを中断することはできません。運動ができない場合であっても、提携先企業の商品・サービスに対する各種割引等を受けながら、オンラインチェックやVitality健康診断でVitalityポイントを獲得できます。

引用元:住友生命「よくあるご質問」

 

いやー「提携先企業の商品・サービスに対する各種割引等を受けながら」ってありますけれど、2019年1月14日現在、妊婦が受けられてポイントがもらえるサービスって何ですかって聞きたいです。

「オンラインチェックやVitality健康診断でVitalityポイントを獲得できます」ってありますけど、年に1回あるいは2回しかありませんよね。

オンラインチェックやVitality健康診断でもらえるポイントって《ブロンズ》が精一杯だと思うんです。下手したら《ブルー》に格下げされてしまう可能性だってあります。

 

もう一度言いますよ。

住友生命Vitalityに加入した時点でポイントを稼がなきゃ保険料が安くならないんです

 

 

じゃ妊娠、出産する人はどういう解決策があるのか。

 

Vitality健康プログラム契約を解約する

Vitality健康プログラム契約のみを解約することができるみたいです。そして保険契約は継続できるみたいです。

ただ、内容を読んでもよくわからない。

ですので、担当営業者に確認してみて下さい。

>>> Vitality健康プログラム契約を解約した場合、生命保険契約も解約となりますか? 

 

保険を解約して別の保険に入る

Q、Vitality健康プログラムの利用を解約したい場合はどうしたらよいですか?

保険契約を解約すると、Vitality健康プログラムも解約となります。なお、Vitality健康プログラムは保険契約の消滅日の属する月末まで利用することができます。

所定のお手続きが必要となりますので、スミセイコールセンター 0120-307506<受付時間>月~金曜9:00~18:00  土曜9:00~17:00(日・祝・12/31~1/3はご利用いただけません)までご連絡ください。

とあります。

 

最後に

私は妊娠出産する人に対しては、もう少し対策を考えた方がいいと思います。

子は宝です

未来の日本を背負う子どもたちを産み育てるのですから、もう少し緩和に考えてみてはいかがでしょうか。

 

もしかしたら、Vitalityに加入するのを諦める人が出てくるかもしれません。

そしたら、住友生命はお客さんを逃すことになります。

 

また、現在独身で今後結婚をして子どもが欲しいなあと思い描いている人にとっては、入りにくい保険かもしれませんね。

住友生命にとっても妊娠出産を控えた被保険者を獲得できないとなると、その人が産むであろう子ども獲得できないことにつながるので、将来のお客さんが減ることになると思います。

 

私は、住友生命に将来の日本の行き先まで考える企業になっていただきたいです。

 

少しでも参考になれば幸いです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました