【VRWC】がより参加しやすくなり計測方法も増えたよ

VRWCが参加しやすくなった トリセツ

住友生命Vitalityに興味をもった方、始めたばかりの方は必読です。

知っておいて損はありません。

記事の下にも貼っておきますので、このまま安心して続きをお読みください。

あわせて読みたい記事 住友生命Vitalityを始めるにあたって注意することと1年間の流れ

あわせて読みたい記事 【住友生命Vitality】ゴールド達成に必要なこと

 

スポンサーリンク
 おかげさまで住友生命Vitality関連記事は多くの方に読まれています。また記事数も増えてきましたので、この度住友生命Vitality関連の記事は新たにサイトを立ち上げて移行することにしました。
今年中にはすべて移行しようと思いますが、しばらくは2つのサイトにまたがることになりますのでご理解お願いします。

いや~明日(2022年4月23日)のVRWCに参加しようと思ったので久しぶりにVRWCのサイトを開いたらビックリ Σ( ̄□ ̄|||)

だって、

  • 開催期間が2日間になっている
  • ラントリップでも計測できる

ということですから。

今まではVRWCの開催期間は「毎月第4土曜日5時00分~21時00分」の1日しかなかったのに、4月からは「毎月第4土曜日5時00分~翌日日曜日21時00分」の2日間になったわけですよ‼

これはありがたい。

だって、中には「毎週土曜日は必ず仕事があって参加できねーよ」とか、「天気が…次の日(前の日)だったら…」っていう感じで参加できなかった人も大勢いると思います。

なので2日間になったのはバイタリティストにとってありがたい朗報です。

それに今までは事前にエントリーしなければ参加できませんでしたが、4月からは開催期間中でもエントリーでき参加できるようになりました。

4月のVRWCから開催期間およびエントリー期間が延長されます!
これまで、開催期間は「第四土曜日5時00分~21時00分」でしたが、4月イベント以降は「第四土曜日5時00分~翌日日曜日21時00分」となります。また、エントリー期間も変更し、開催期間中でもエントリーが可能となります。
期間が長くなり、よりご参加しやすくなりました!皆様のエントリーお待ちしております!

引用元:VRWC NEWS

また4月からは「Runtripラントリップ」のアプリで計測できるということです。

というのも今までスマートウォッチを持っていなかった方やAppleWatchを使っている方は「Runtripラントリップ」のアプリのほかに指定されたアプリをインストールしなければならなかったのでわずわしさがありましたが、これが軽減されたと思います。

≫ スマートフォンを利用した参加方法

ラントリップ - ランニングの計測・SNSアプリ -

ラントリップ - ランニングの計測・SNSアプリ -

Runtrip.inc.無料posted withアプリーチ

ただ注意することがあります。

それは、「VRWC」は2日間あるがこのイベントで獲得できるポイントはどちらか参加した1日分(ポイントが高い方)しか獲得できないということです。

例えば、VRWCでハーフマラソンを完走した場合2,000ポイント獲得できます。(完走証などの手続きを行った場合)

「よし!2日間ハーフマラソンすれば4,000ポイント獲得だぜ」とはいきません。

これは規定に書かれています。

1回のイベントにつき別表に従って最も高いポイントが割り当てあれる1つの活動についてのみポイントを獲得

引用元:Vitalityポイント獲得ガイド

とあります。

なので浮かれすぎは注意です。

それと気になったのがラントリップで計測できるということですが、説明通り設定しても計測のボタンが出てきません。

これは開催期間にならないと出てこないのかなぁ。

「イベント当日」と記載されていますので明日実際に試してみようと思います。

≫ Runtrip(ラントリップ)アプリでの運動の記録

ではでは明日試してみて追記でこちらに書こうと思います。

ーーー追記ーーー

【ラントリップでの計測方法 ~Android版~】

ラントリップ公式サイトではiPhoneでの画面になっていてわかりづらい部分があります。

なのでAndroidの方は公式サイトを見ながらこちらを参考にしていただければと思います。

トップ画面の矢印の部分をタップします。

次の画面の「計測」部分をタップします。

あとは画面通りに進んでください。

計測する際、位置情報取得で10秒ぐらい待たされましたが・・・。

【ラントリップで計測して完走証をもらう方法 ~Android版~】

マイページとありますが、やはりiPhoneとは画面が違うので少し戸惑いました。

名前の所をタップ。

次の画面で「イベント履歴」をタップすると記録をアップロードでき、完走証がもらえます。

それで試しに、

  • Runtripアプリ
  • Fitbitアプリ
  • Mi band(スマートウォッチ)

の3つを比べて計測してみました。

計測で重点に置いたのは「距離」

距離が未達成で悔しい思いをしたことがありますので。

それで結果ですが、

  • Runtrip  5.13Km
  • Fitbit   4.98Km
  • Mi band  5.08Km

という感じになりました。
Mi bandは50mぐらい走って作動してないことに気付いたので、Runtripアプリと同じ距離になるかと思います。

Runtrip
Fitbit
Mi band

ということでRuntripでの計測は利用価値があることが分かりました

ちなみですが今回3つのデバイスやアプリを使ったので、スタート時間に差が出てしまいタイム時間に多少ラグがあります。

ではでは少しでも参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました