面倒くさがりな人に住友生命Vitalityはおすすめしません

【住友生命Vitality】面倒くさがりな人にはおすすめしません 住友生命 Vitality




住友生命Vitalityを検討している方へ。

 

住友生命Vitalityは面倒くさがりな人には向いていないし、何より損するなあって思いました。

住友生命Vitalityってアプリ(サイト)に情報(健康診断)を入力したり運動を継続したりしないと意味がないんですよね。

 

損するなあって言ったのは、保険料が安くなるどころか、保険料が上がる可能性があるし、健康プログラムのステータスによっては受けられる特典が違ってくる商品もあるからです。

 

アプリに情報を入力するのが面倒

知人 「くろぶち君ステータス何?」

くろぶち 「ゴールドです」

知人 「そうなん!?すげーじゃん」

知人 「おれゴールド達成できそうもねぇなあ。ブロンズもあやしい。」

くろぶち 「健康診断の結果入力しました?」

知人 「・・・やってないなあ。なんか面倒くさそうじゃん」

くろぶち 「あれやらないとポイント稼げませんよ

 

ってなことがありまして。

※住友生命Vitalityはポイント制でステータスが決まります。

 

確かに健康診断の結果を入力したり、オンラインチェックで質問に対して答えを入力するのは面倒に感じますよ。(質問に対して答え方が分からないところがありました。今は改善されたのかな)

 

だけどね健康診断の結果を入力したりオンラインチェックを入力することは、Vitalityに加入した以上やるべきことだし、やらなきゃ自分が損するだけ

 

Vitalityに加入した以上やらなきゃいけないと言っても過言ではない。

 

この作業をやらなかったら本当損するだけしかない

くどいようでごめんなさい。

でも大事なことですので。

 

たぶん全部入力したって30分はかからないと思います。

それすら面倒と思うなら住友生命Vitalityはおすすめしません。

 

運動するのが面倒

それと「運動する時間がない」っていう理由もどうかなって思う。

もちろん赤ちゃんがいる方やケガをしている人は例外ですよ。

 

Vitalityに加入した以上、運動することは必須です

運動って言っても、普段から歩く人は大丈夫かな。

1日8,000歩けば20ポイント獲得できます。

 

Twitterで見ると、みなさん運動することに対して努力をしています。

散歩に行ける時間がなければ家の中を歩き回ったり、ゲーム機やアプリを使って運動したり、踏み台昇降やスクワットをして心拍数を上げてポイントと獲得したりしています。

あるいは仕事帰り一駅前で降りて歩いて帰ったり、仕事を終えて自宅に帰ってから毎晩走っている方もいます。

 

ちなみにこういった努力をしている方々は以前からしていたのではなく、住友生命Vitalityをきっかけに始めています

 

先ほど赤ちゃんやケガをしている方は例外と書きましたが、赤ちゃんがいる方でも抱っこをしながらスクワットしている方もいたし、ケガをしていても負担にならないよう工夫して運動している方もいました。

 

そしてみなさんに共通することは、運動を継続して行っています

 

ここまで読んで、「いやーおれそこまで運動したくないわ」っていう方は住友生命Vitalityに入らない方がいいです。

損するだけですから。

 

最後に

でもね、最後に言わせてください。

 

「実際にやってみたらそうでもなかった」って思います。

 

アプリ(サイト)に情報を入力するのも、オンラインチェックもやってみたら、思ったほど面倒でない。

運動も継続するまでは大変かもしれないけど、習慣になったら苦でなくなる。

そもそも継続できるように「アクティブチャレンジ」というのもありますし。

関連記事 ≫【住友生命Vitality】を始めて3か月間で得られたアクティブチャレンジの特典

 

それでも不安な方はTwitterで私をフォローしてください。

 

運動をしたらTwitterでつぶやいてください。

いっぱい「いいね」しますから。

いいねされたら嬉しいもんですよ。

 

住友生命Vitalityを続けるコツは「楽しみながらやる」ということです。

 

もし住友生命Vitalityに興味を持ったら、一度保険屋さんに相談してみて下さい。

≫ みんなの生命保険アドバイザーのお申込みプロモーション

 

 

少しでも参考になれば幸いです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました