【2022年12月】電気代前年同月比で見たら驚きの高料金だった

電気代高すぎる 生活
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

 いや~いくら円安やウクライナ情勢などによる石炭や液化天然ガス(LNG)の輸入価格高騰の影響で電気代が上がっているとはいえ、これほど上がっているとは思いもしなかった。

我が家はオール電化です。

5人家族。

住まいは長野県なので冬は暖房を多く使用します。

それで2022年12月の電気料金は732kWh27,121円でした。

 電気の使用量は去年の同じ月と比べたら+1.9%ということで許容範囲。ですが電気料金がひどい!去年の電気料金は16,997円でした(2021年)。去年と比べたら今年は10,124円も増加

電気使用量は1.9%しか増加していないのに電気料金が59.5%増加ってどういうこと?

 ちなみに2020年12月は598kWhだったのですが、やはりこどもが大きくなってくると自分の部屋にいることが増えたり、あとは共働きなので浴室乾燥機をフル活用したりと年々電気使用量が増えてきています。

一応確認のため時間帯別の電気使用量を見てました。(電気プランは時間帯で電気料金が違うので)

う~ん、ほぼ変わりませんね。やはりウクライナ情勢と円安の影響が大きいのかな。この影響が「燃料費調整単価」に加算されているみたいです。

2021年12月2022年12月
燃料費調整単価(税込) ₋2円38銭/kWh燃料費調整単価(税込) 11円04銭/kWh

いや~これはかなりキツイ加算ですね。2022年12月は732.1kWh使用したからこれに11.04円を掛けると8,081.28円加算されることになります。マジでヤバイ!

このままの状態だと家計はかなり厳しい。なにか対策をしなければ!ということでこちらを購入しました。

カーテン 専門店 cloth shop布や
¥1,977 (2024/02/24 08:59時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

基本1階のリビングにいることが多いので2階からの冷気を遮断することで少しでもエアコンや石油ファンヒーターの使用を減らすことができればと思い購入しました。

これは結構効果あると感じます。ただ暖かい空気が2階に行かないので2階はひんやりします。あと節電対策として「湯たんぽ」を使うことです。

 これは誰もが知る簡単にできる節電方法。「お湯を沸かす時 電気代ガス代がかかるんじゃないか」と言われそうだけど持続効果は高いし、朝起きたとき湯たんぽによっては温かいままなのでそのまま顔を洗える。ちょっと冷たいなぁと思えばキッチンの流しのおけに入れて洗い物をけておけばいい。そう考えれば利用価値はありますよね。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

あとできることと言えば窓ガラスにプチプチを貼ることかな。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

私はDIYが趣味ですので内窓を作ってみました。まだまだ改善余地はありますが。

ということで電気代が高騰していますが工夫をしてなんとか乗り切りましょう。

 どこまで電気料金上がるの?

値上げしたということは簡単には値下げしないよね。こうなったら一度太陽光発電を検討してみようかな。蓄電池は導入した方がいいのかな。一応見積もりだけ取ってみるか。

見積比較で100万円以上安くなるケースも!



太陽光見積りサイトNo.1【ソーラーパートナーズ】

スポンサーリンク
生活
スポンサーリンク
curobuchi

ガンコな私ですが、妻の尻にしっかりと敷かれて、子ども3人含む家族5人 仲良く暮らしています。
趣味はDIYですので、DIY情報も発信していこうと思います。
【保有資格】第二種電気工事士 日商簿記2級

≫ 詳しいプロフィールはこちら

curobuchiをフォローする
\ この記事をシェアする /
あっ いいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました