エポスゴールドカードがあれば年会費無料で家族もゴールドカードが発行できる

ゴールドカードに 招待します ハワイ旅行にいくぞ




海外旅行に行くならエポスゴールドカードは必需品。

だってカード付帯の「海外旅行傷害保険」が手厚いから

その上自動付帯

※自動付帯とはカードを持っているだけで適用される保険です。

ではそのエポスゴールドカードはどうすれば手に入るか。

エポスゴールドカードの発行

エポスゴールドカードは年会費5,000円を払えば発行してもらえます。

だけどそれじゃぁもったいない。

その理由は年会費無料で手に入る方法があるからです。

その方法はエポスカード(普通)で年間50万円以上使用すること

これだけでエポスゴールドカードが手に入ります。

エポスゴールドカード

実際取得するには、エポスカードの発行会社からインビテーション(招待)の案内が届くということです。

それで驚くことに、年間利用額50万円以上になるとゴールドとなり、翌年以降は永年無料になる

カードを保有している限りずっとゴールドカード。

年会費について

画像元:エポスゴールドカード

年間利用額50万円以上ということは月々42,000円利用すれば504,000円になるので、50万円達成できます。

月々42,000円達成するには
  • スマホ代
  • ガソリン代
  • 電子マネーのチャージ代
  • 水道光熱費
  • 食事代
  • ショッピング代
  • プロバイダー料金
  • 諸会費の支払い

最初のカード支払いの変更は面倒だけど、とりあえず1年間で50万円使用すればゴールドカードになるから面倒でもリターンは大きい

ショッピング代と外食代だけで月42,000円超えるなら、それこそエポスカードを発行する価値はありますよね。

家族もゴールドカード

仮に私がエポスゴールドカードを手に入れたら妻もエポスゴールドカードを持つことが可能になります。

だけど他のゴールドカードの家族会員とはちょっと違うということ。

通常「家族カード」というのは本会員と家族会員はひもづけられており、支払いは本会員がまとめて支払います。

だけど、エポスゴールドカードは本会員と家族会員は関連していますが、支払いはそれぞれカードごと支払うようになっています。

そのため本会員が家族を紹介する際は審査があるということです。

画像元:エポスゴールドカード

ここで今回の本題。

家族カード(エポスファミリーゴールド)の海外旅行保険ですが、なんと本会員(代表会員)と同様に有効となるということです。

※エポスカードに問い合わせて確認済みです。

もちろん海外旅行傷害保険は自動付帯

ますます魅力に感じるようになった。

最後に

エポスカードからインビテーション(招待)を受けてエポスゴールドカードになるのは比較的難しくないように思える。

家族が大勢いるならなおさら出費が増えるから、月々の食事代と日用品の購入だけでも年間50万円以上は超える。

あー迷う。

今すぐ発行してもなぁ。

子供がいる家族旅行ではクレカの海外旅行傷害保険はあまり魅力ないしな。

関連記事 子供がいる海外旅行で【クレジットカード付帯の海外旅行傷害保険】は必要なのか

だけどよく調べてみると、エポスゴールドカードを持っていると

  • ハワイ・ホノルル国際空港出発ロビーラウンジ
  • ホノルルラウンジ

が使えるみたいだけど、これって価値ってあるの?

私海外旅行したことないので分からない。

ちなみに私は4年後(2024年)のハワイ家族旅行をメドに計画を立てています。

もし価値があるようだったらエポスゴールドカードの取得を目指そうかな。

もし知っている方がおられましたらアドバイスを下さい。

ではでは、少しでも参考になれば幸いです。

合わせて読みたい記事 エポスカードの「エポスアプリ」はポイントが貯められるし「利用額」も確認しやすい

コメント

タイトルとURLをコピーしました