子どもと一緒に作って遊べる自作おもちゃ【缶釣り】

自作おもちゃ 【缶釣り】 生活




先日子どもを連れて「子供会」に参加しました。

そこには様々な手作りのおもちゃがあり、その1つに【缶釣り】がありました。

私の子どもたちは缶釣りにはまってしまって、時間になっても中々帰ることができませんでした。

 

それで半ば強制的に連れて帰ってきたんですが、1番下の子が大泣きしちゃって。

それで7歳の娘が、

「これおうちでも作れるんじゃない」

「おうちに帰ったら作ろうよ」

と言ったので、作ってみることにしてみました。

 

缶釣り

まずは【缶釣り】のイメージが湧きませんよね。

と言うことで、百聞は一見に如(し)かず。

下の図が缶釣りです。

缶釣り

実際に作ってみました。

これに子どもたちははまりました。

 

遊び方は釣りと一緒です。

・糸を垂らす

・先端を缶の飲み口に入れる

糸を垂らす

 

・引っ掛ける

引っ掛ける

 

・持ち上げる

持ち上げる

遊びはシンプルだけど意外と楽しいです。

 

この缶釣りはとても簡単に作ることができます。

 

缶釣りを作る

用意したものは、

  • ストロー
  • ヒモ
  • テープ
  • つまようじ

です。ちなみに全部家にあったものなので、製作費は0円です。

 

まずは紙を缶に貼れるように適当な大きさに切ります。

その紙に絵を描きます。

テープで貼ります。

こんな感じになりました。

絵を描いた紙を貼る

魚にカニ、貝にうなぎ、金魚にエイ、子どもの発想にはかないません。

 

竿ですが、私はストローを使いました。

ホントは割りばしが良かったのですが見当たらなかったのでストローにしました。

つまようじを半分ぐらい(5㎝ぐらい)に折ってヒモをくくり付けて、反対側にはストローを付けました。

ストロー竿

これで完成です。

 

簡単に作れるのでいつでも遊べる

小さい子供がいる家庭にとって長期休みは大変な時です。

ある程度大きくなれば、友達と遊んだり、クラブ活動があったりしていいのですが。

毎日どこかに出かけるという資金もないし、公園にしたって3日目ぐらいで飽きてしまうし、家にいたってゴロゴロするだけ。

 

そんな時はこういう手作りのおもちゃを子どもと一緒に作れば、時間をもてあそばなくなるし、子どもも喜んでくれます。

 

また、子どもが大勢集まる時にも役立ちます。

缶にポイントを書いて、ポイント獲得に見合った景品をあげるとか。

缶の中に重しを入れて重くしたものはポイントを高くしたり、年齢に合わせて糸を長くしたりして取りづらくするなど工夫すれば楽しめると思います。

 

最後に

手作りのおもちゃっていいですよね。

親しみができる。

買ったおもちゃでつまらなかったら「あーだこーだ」って言えるけど、自分で作ったおもちゃだったらつまらないって言えないし、つまらなかったら自分で工夫すればいいだけですからね。

たまにはおもちゃを作ってみるのもいいですよ。

 

少しでも参考になれば幸いです。

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました