古い家と新しい家 どっちがいい!?

すまい
スポンサーリンク

みなさんは古い家と新しい家どちらに住みたいですか?

もちろん多くの方は「新しい家」だと思います。

しかし、私の娘は違ったんです。

娘の言葉を聞いた時、胸にグサグサ刺さりました。

\一度の入力で、複数のハウスメーカー・工務店に無料で資料請求/



古い家と新しい家の違い

今回扱う古い家とは私自身の実家のことであり築50年以上経っている家です。

また、新しい家とは私自身がマイホームを購入した家のことです。

実家は本当に古くて、居間の壁はブロック壁であり、その上に塗装してあるだけですので断熱材なんていうのは入っていません。

というより床にも屋根にも断熱材は入っていません。

だから冬は凍えます。マジで!!

基礎は今の建築工法でやればベタ基礎が主流だと思いますが、実家は束石です。

トイレはボットン便所(汲み取り式)。

長女が生まれて2年後くらいに水洗にしました。

新しい家は2年前に購入したローコストの家です。

もちろん断熱材は入っています。

窓もペアガラスだし、水洗トイレだし。

とても快適です。

冬も凍えることはありません。

いざ実家を出る

諸事情により、私家族及び親も実家を出ることになりました。

それも土地建物は無償で譲る。

こう聞くとなんだか悲しいことかなと思うかもしれませんが、実は当人達は喜んでいます。

そして実家は家としてはまだ残っています。

まぁ読者さんにしてみればどうでもいいことなんですが。



とある日

当時6歳であった長女を保育園に迎えに行った帰り道、娘にふと聞いたんです。

私「古い家と新しい家 どっちがいい?」

もちろん私は「新しい家」という答えが返ってくると思っていたのですが・・・

「んー新しい家はキレイで過ごしやすいよ。だけど古い家だって、みんなで掃除してキレイにしたら全然住めるよ。それにみんながいればいい。」

って。

そういう答えが返ってきたんです。

正直娘すげーとか思わず、なんだか自分が情けなく恥ずかしい気持ちが胸にグサグサ刺さったんです。

まとめ

ついつい私たちは物質的な豊かさを求めてしまいますが、いや求めてもいいと思うんです。

ただ、心の持ちようっていうのを忘れてはいけないと気づかされました。

古い家であっても家族団らんであれば幸せに思うし、いくらキレイで新しい家でも家族の絆がうすかったり、みんなそれぞれ生活する時間が違くて、すれ違いばかりだと寂しくなりますよね。

今回のこの出来事は自分の心の在り方を考えさせられました。

古い家と新しい家どっちがいいの!?という答えがあいまいになってしまいましたが、少しでも参考になればと思います。

関連記事 ≫ ローコスト住宅を選んだ3つの理由

もし家を買うなら家族団らんができるような家にしたいですよね。

家を購入する自分達だけで間取りなどを考えてしまうと、客観的に見れないのでその間取りやら部屋の広さなど後悔してしまう可能性が出てきます

ですから、一度カタログなど資料をたくさんみてイメージすることがとても大事です。

無料でカタログ請求できます。

参考サイト ≫ 家づくりで損しないために【持ち家計画】



火災保険について

2022年度は現行の保険期間が最長10年から5年に短縮される見通しとなり保険料も引き上げる方向ということで加入者にはますます負担が増える火災保険。

これも度重なる自然災害が増え、被害額に対する支払いが多くなったため

なので火災保険の更新がある方はチェックをおすすめします。

サイト 火災保険の一括見積もりサービス

火災保険の見直しのタイミング
  • 住宅の増築・改築のタイミング
    → 増築・改築を行った場合、保険会社へその通知を怠ってしまうと保険金が支払われない可能性があります
  • 家族構成に変化があったタイミング
    → 一緒に暮らす家族が増えれば家財が増えますし、その逆の場合は家財が減りますので、家財の補償についてよく確認して見直しましょう。
  • 更新通知(満期)のお知らせが届いたとき
    →「今の自分の生活スタイル」に合っているかどうか、足りない特約・補償内容はないか、しっかり見直してみましょう。

上記に当てはまる方は絶好のタイミングなので見直しをおすすめします。

≫ 火災保険の一括見積もりサービス



コメント

タイトルとURLをコピーしました