これで何度目だ!夏の雷で蓄電池がエラーを起こす

太陽光発電
スポンサーリンク

 もう本当にヤダ。太陽光発電システムと蓄電池を取り付けて、今年の夏で4年目になるのかな。それで雷が近くに落ちたのが原因で蓄電池にエラーが起きました。これで3回目。

ほぼ毎年雷の影響でエラーを起こす。まぁ仕方がないですよ、自然が相手ですかから。

 でもなにがイヤかっていうとサポートセンターに電話してもつながらないこと‼マジでつながらなくてイライラする。

 もうそんな時は取付け業者に電話するのが一番です。

取付け業者やサポートセンターに連絡する前 自分でエラー解除できるか確認をする

 我が家はSHARPの太陽光発電システムを導入しているのですが、雷が落ちて蓄電池がエラーになった場合サポートセンターに連絡する前、まずは自分でエラーを解除できるかやってみます。

※モニター画面にエラーの数字が表示されます。
※雷が原因じゃなくても違う理由でエラー表示された場合同じだと思います。

エラーを解除する方法はこちらです。
≫ 電力モニタやCOCORO ENERGYにエラーが表示された

 実際サポートセンターと連絡が取れたときに聞かれました。

エラー表示された数字は何でしょうか?ご自身でエラー解除できるかどうか試されましたか?

 何度も何度も電話してようやくサポートセンターにつながったと思ったら、「自分でやってみて下さいますか?」と言われ、実際に直ったらちょっとショックですよね。

あんなに電話したのにこんなことで直るなんて!って。だから電話する前にまずは自分で解除できるかやってみて下さい。

 ちなみに私の場合ですが何度もやりましたがエラーを解除できませんでした。

まずは取付け業者に連絡

 3回ぐらいサポートセンターに電話をしましたがつながらない。そこで取付け業者に連絡をしてみるとすんなりつながる。

 状況を説明したら取付け業者からSHARPに連絡をして下さるということに。ただ、「担当部署が混み合っていたら翌日の可能性になってしまいますのでご了承ください」といわれました。まぁサポートセンターにつながらないからしょうがないです。

 ですがその1時間後ぐらいにSHARPのサポートセンターから連絡がきました!これにはびっくり。翌日のつもりで待っていましたから。

 サポートセンターに状況を説明したら修理に伺うのが最短でも2日後になってしまうということでしたが、その日に来てもらうことにしました。

 さらにその30分後にSHARPの別のサポートセンターから連絡がしました。これは太陽光発電システムを管理しているところです。

≫ サンビスタ ソーラーWEBモニタリングサービス

※昼過ぎ

連絡が遅くなって申し訳ありません。今朝からエラー表示がされていますが、SHARPのサポートセンターに連絡しましたか?

私「先ほど連絡が取れました」

承知しました。この度連絡が遅くなり申し訳ありませんでした。

ということがありました。

 前回もサンビスタ(太陽光発電システムモニタリングサービス会社)から連絡があったことをこの時思い出しました。

なのでSHARPの太陽光発電システムを設置している方は

  1. 取付け業者
  2. サンビスタモニタリングサービスから連絡を待つ(半日待つかもしれない)
  3. SHARPに問い合わせ

といった順番で問い合わせをすればよいと思います。

エラーで発電しない時の売電収入がもったいない

 これ毎回思うのですが、エラー表示が出て修理してもらうのにだいたい3日間ほどかかる。そしてエラー表示後の天気は大雨や大嵐が去ったあとだから快晴が続く。

我が家だと夏場1日40Kwh前後発電してそのほとんどが売電になる。仮に35Kwh売電になった場合売電価格26円/kwhですので1日の売電価格は約910円になります。なので3日間で2730円※住んでいる地域は信州の標高の高いところに住んでいます。

これが売電収入としてなくなるわけですから痛い!それもほぼ毎年。勘弁してくれよ。

 しょうがないと言えばしょうがないけど、これから太陽光発電システムと蓄電池を設置する方は心づもりをしておいてください。

 ということで今回は「これで何度目だ!夏の雷で蓄電池がエラーを起こす」をお送りしました。

広告です

コメント

タイトルとURLをコピーしました