住宅用太陽光発電 SHARPを選んだ3つの理由

太陽光発電




やっと接続して太陽光発電が稼働しました。

2018年1月に契約をして、

4月に太陽光パネルを屋根に設置して、

9月25日接続・発電開始。

 

長かった。

当初は4月に設置して、5月末には太陽光発電が稼働する予定でしたので。

遅れた理由は、太陽光発電の申請が一気に集中して、経済産業省の方で処理が遅れているみたいです。

 

まぁ稼働すればそんなイヤな気持ちを忘れて、毎日電力モニタをみるのが楽しみです。

 

実は太陽光発電をやるつもりはありませんでした。

スポンサーリンク

 

頻繁(ひんぱん)にくる太陽光発電の営業者

家を建てて、2年になりますが、建てた当初から太陽光発電の営業が頻繁にきました。

それこそ、月に1回はどこかの営業者がきて、同じ日に2社来ることも度々ありました。

 

正直太陽光発電には興味ありました。

ただ、工事費用を聞くと

「ムリ」

となりました。

だって工事費用が200万円から300万円ですよ。

 

それに家を建てて1年も経ってないですから。

そんなに借金したくないよって。

家だってお金がないからローコスト住宅にしたんですから。

 

関連記事 ≫ ローコスト住宅を選んだ3つの理由

 

家を建てて1年経ったぐらいの時、いつものように太陽光発電の営業者がきました。

その営業者が好青年でハキハキしていて、めっちゃ頑張っているのを感じたから、

「話しでも聞いてみようかな」

って思ったんですよね。

 

日本エコでんきっていう会社なんですが、ソーラーパネル会社数社と契約しているみたいで、お客さんの屋根に最適なソーラーパネル会社を選んでくれるんです。

 

それで、以前から気になっていたことを日本エコでんきの営業の人に聞いてみたんです。

 

「うちによく、太陽光発電の営業が来るんだけどなんで?おたくは(日本エコでんき)は1軒1軒まわっているの?」

 

って。そしたら、

 

「くろぶちさんのお宅の屋根はソーラーパネルを載せるのに最適なんです。だから業者のみなさんは目を付けていたと思いますよ。」

「それとうちは1軒1軒まわっていません。(ここで地図を見せてくれて、めぼしい家にチェックがしてありました)全部の家が太陽光発電に適していると限らないからです。」

 

と言われました。

 

ソーラーパネルを設置するのに最適な家とは

・築年数が経っていない家、新築ほどいい。

→長く太陽光発電をしていただきたいため

・できる限り、屋根の斜面が南側に向いていて、なおかつ一面に設置できる。

→屋根の一面というのは配線やらなんやらでコストが削減できるということ。

三面(南側、東側、西側)になってしまうと、それだけ設置や配線工事増えてしまうので費用がかさんでしまう。

 

ということでした。

ここまで聞いたら「この会社は信用できるな」と思い、日を改めてしっかりと話を聞きました。

 

スポンサーリンク

 

SHARPを選んだ3つの理由

日本エコでんきの話しを聞いて、【SHARP・三菱・パナソニック】の3社のソーラーパネルの見積もりをとってもらいました。

 

そしたら、私の家の場合、【SHARP】が最適となりました。

 

1つ目 パワコンが1台で済む

私の指定した屋根の範囲内で、目一杯(めいっぱい)置けるのがSHARPでした。

6.78KW載せることができて、さらにパワコン(パワーコンディショナ)がぎりぎり1台済むといわれました。

あとパネルが1枚ないし2枚に増えたら、パワコンが2台必要になるところだったみたいです。

 

パワコンは10年から15年経つと故障しやすくて、交換の必要性が出てくるみたいです。

もちろんSHARPでは10年保証(無償)と15年保証(有償)というのがあり、選べます。

 

ですから、万が一(まんがいち)15年保証が過ぎてパワコンが故障した場合、1台の交換費用で済むことがとてもメリットに感じました。

 

2つ目 ソーラーWebモニタリングサービス

ネットにつなぐと様々のことができるのですが、その中で説明を聞いていていいなぁと思ったのが、

 

ソーラーWebモニタリングサービス

 

6時間ごとにシステムの運転データをシャープのモニタリングセンターに自動送信されていて、不具合が生じたら適切に対処してくれるんです。

またエラー表示が出た場合、センターでも確認して、エラー内容を分析し、緊急性に応じて適切に対応してくれるということです。

 

このサービスはシャープが業界初みたいです。※パンフレットに書いてありました。

 

で、さっそくソーラーWebモニタリングサービスを使っていろいろ見ようと思ったのですが、いきなり「ログイン」画面が出てきて、どこにも登録情報を記入するところがないんです。

 

それで、日本エコでんきに聞いてみたら、

「弊社で手続きしますので、このあと2ヶ月ほどでSHARPより郵送で登録情報が送られてきますので、しばらくお待ちください」

 

と言われました。

ということで待ちます。

 

3つ目 価格

なんだかんだ言って、やっぱ値段でしょ。

私の場合SHARPが、3社の見積もりで一番安かったです。

 

3社の見積もりの中で1番ソーラーパネルを載せられて、発電量も多い。

そして3社の中で1番値段が安かった。

 

もう決めてでした。

 

最後に

私の場合は「SHARP」が最適でした。

ただ、悩んでいるあなたが、はたしてSHARPが最適かどうかはわかりません。

 

そのためにはしっかりと数社から見積もりを取ってください。

面倒でも必ず数社から見積もりをとる。

 

あなた自身のことですから。

私はあなたが後悔しても痛くも悲しくもありません。

 

太陽光発電システムにかかる費用は大金です。

後悔しない為にもしっかり見積もりをとって検討してください。

 

1人でも参考になれば幸いです。

 

関連記事 ≫ 住宅用太陽光発電を導入してみて1か月目の発電量・売電収入

 

 

スポンサーリンク
太陽光発電
アバター

ガンコな私ですが、妻の尻にしっかりと敷かれて、子ども3人含む家族5人 仲良く暮らしています。
趣味はDIYですので、DIY情報も発信していこうと思います。

curobuchiをフォローする
シェアする
curobuchiをフォローする
あっ いいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました