液晶テレビの画面を守ろう【保護パネルと保護フィルム】

くらし
スポンサーリンク

家電製品ってなんであんなに高いんですかね。

それに毎年毎年進化して、ついつい欲しくなっちゃう。

私はそんなに給料よくないんで、いいものを長く使うタイプなんです。

そうすると自然と値段が張ってしまう。

そしてそんな高いテレビを壊してしまった。

関連記事 液晶テレビの画面が割れてヒビやスジが入ってしまった【保険で直せるか】

あなたの家のテレビの画面は何かで守っていますか

まさか無防備な状態ではないですよね。

後悔しますよ。

テレビ画面を守ろう

知っていますか?

液晶テレビのディスプレイ画面はとても高価なんです。

修理しようと思ったら、液晶テレビの9割がディスプレイ画面代と言っても過言ではありません。

と偉そうに言っていますが、我が家でやらかしちゃったんです。

以前書いた液晶テレビの画面が割れる【保険で直せるか】という記事にありますように、2歳の娘がテレビ画面をおもちゃで叩いてしまって、画面にヒビやスジが入ってしまったのです。

私の場合は保険でなんとかテレビを買え替えられたのでよかったのですが、ネットで調べたら実費で買え替えたっていう方が結構いらっしゃたんですよね。

実費ってかなり家計の負担になるかと思います。

私は同じ過ちをおかしたくないから、なんかいい方法はないかなってネットで調べました。

液晶テレビ保護パネル  アクリル製 保護フィルター クリアパネル

いいのがあったんです。

最初は悩みました。

本当に必要かどうか。

それと、カバータイプがいいのかフィルムタイプがいいのかと。

それで私はカバータイプを選んだのですが、なぜカバータイプを選んだかと言えば、フィルムタイプのフィルムをうまく貼れる自信がなかったからです

スマホみたいに小さければいいのですが、テレビほど大きくなると貼りずらいと思うし、作業中にホコリとか入って見た目が悪くなるかなーって思ったからです。

私が買ったカバータイプは、透過性が90%ですので、カバーを付けてテレビを見てもまったく違和感はありません。

また取り付けも本当簡単です。

アクリルですので軽いし、なにより丈夫です

保護カバー・保護フィルムを購入するべき人

保護カバー・保護フィルムを購入するべき人は結構います。

  • 特に私みたいに幼いお子さんがいる家庭
  • お孫さんがよく遊びにくる祖父母の家
  • ペットがいる家

実際にどのようなことが起きるかと想像しますと、

  • おもちゃや手で画面を叩く
  • 汚れた手で画面をさわる
  • 室内で遊んでてテレビにぶつかる
  • 画面に落書きをする
  • ペットが引っかく

などなど。

ですから、ことが起きてから買うのでは遅いので、経験者の私は早めに購入することを強く勧めます。

最後に

万が一、遊んでてテレビを倒して破損させてしまう可能性があるかもしれません。

私は火災保険の家財にも入っているプランでしたので、保険で直すことができました

ですから、もし心配であれば保険を見直すのもありかもしれません。

サイト 火災保険の一括見積もりサービス

1人でも役に立てていただけたら幸いです。

テレビのレンタルが1日あたり約80円から借りれるよ
※40型2年間使用(新品)の場合

とりあえず目ぼしいテレビがなければレンタルで使用してみるのもありかもしれません。

家電・家具のお届けレンタルサービス
【かして!どっとこむ】の様々なサービス

火災保険について

2022年度は現行の保険期間が最長10年から5年に短縮される見通しとなり保険料も引き上げる方向ということで加入者にはますます負担が増える火災保険。

これも度重なる自然災害が増え、被害額に対する支払いが多くなったため

なので火災保険の更新がある方はチェックをおすすめします。

サイト 火災保険の一括見積もりサービス

火災保険の見直しのタイミング
  • 住宅の増築・改築のタイミング
    → 増築・改築を行った場合、保険会社へその通知を怠ってしまうと保険金が支払われない可能性があります
  • 家族構成に変化があったタイミング
    → 一緒に暮らす家族が増えれば家財が増えますし、その逆の場合は家財が減りますので、家財の補償についてよく確認して見直しましょう。
  • 更新通知(満期)のお知らせが届いたとき
    →「今の自分の生活スタイル」に合っているかどうか、足りない特約・補償内容はないか、しっかり見直してみましょう。

上記に当てはまる方は絶好のタイミングなので見直しをおすすめします。

≫ 火災保険の一括見積もりサービス



コメント

タイトルとURLをコピーしました