テレビ台の引き出しを3年越しに修復しました

テレビ台の 引き出しを修復 補修・リメイク




2017年~2018年にかけて、テレビ台の引き出しは末娘のお気に入りの場所でした。

2017年 テレビをみている
2018年 寝ている

そのおかげで引き出しの底は壊れて物が入らない状態です。

娘も現在4歳(2020年現在)になり引き出しに入りきらない程に成長しました。

なので引き出しの底を直して物を入れられるようにします。

引き出しの底板は「いつか直すつもりでいた」ので取っといてありました。

底板だけじゃ修復できないのでこちらの木を用意しました。

この4本は以前「棚が付いているオシャレなハンガーラックを購入して組み立ててみた」で梱包材こんぽうざいとして入ったいたものです。

これもなんか使えそうだなぁと思い取っといてありました。

(貧乏性がバレてしまう…)

イメージしやすいように出来あがった引き出しをお見せします。

引き出しの裏側

こんな感じで4本を使います。

たまたま運がよく、底板の溝の高さにピッタシだったんです。

規格でも決まっているかなぁ。

裏からビスを打ち込む。

確実に打ち込むために前もってドリルで穴を開けます。

一か所だけ溝の高さが違ったので工夫をしました。

ちょうどいいベニヤの切れ端があり高さもばっちり。

これで底板をつければこんな感じになります。

軽い物だったらこれで何とかもつかなって。

ただちょっとつなぎ目が弱いところがあるので補強します。

これも廃材。

これで完成。

見た目は悪いですが、外からは見えないので良しとしよう!

ではでは少しでも参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました