住宅ローンの返済額は無理のない金額にすることが大事

ローコスト住宅




こんにちは。

ローコスト住宅でマイホームを建てて、もうすぐ2年になる くろぶちです。

これからマイホームを建てようとしている方に少しでも参考になればと思い、伝えさせていただきます。

 

 

住宅ローンの返済額は手取りの1/4

冒頭に書いてありますが、私はローコスト住宅メーカーで家を建てました。

私の住宅ローンの返済額は、給料の手取りの1/4です。

手取りですよ。月給、つまり総支給ではありません。

 

私の地域のアパート代とたいして変わりません。

 

アパート代とたいして変わらないんじゃ家を建てちゃおうってなりました。

詳しくは「ローコスト住宅を選んだ3つの理由」を読んでください。

 

実際返済しているけど、気持ちはすごく楽です。

返済に追われる感覚はありません。

 

ちなみ私は現在サラリーマンですが、「今より給料は上がらないかもしれない」っていうつもりで、返済額を決めた部分もあります。

 

新築貧乏さんにならないように

『新築貧乏さん』っていう言葉を知っていますか。

あるいは『マイホーム貧乏』『持ち家貧乏』とも言われているみたいですね。

 

見栄を張って立派な家を建てたり、設備をグレードアップしたりして住宅ローンが家計を圧迫して後悔している人たちのことです。

 

知り合いにいるのですが、住宅ローンの返済を優先するため、家族旅行にも行けず、それどころか休日はアルバイトをしています。

そんなの本末転倒ですよね。

家族団らんの時間が欲しかったのに、家族といる時間が減っている。

 

そうならないように月々の返済は考えて欲しいのです。

 

ある程度貯金のできるように

そして万が一(まんがいち)建物の修繕が突然来てもいいように、ちょっとは貯金をした方が安心です。

突然くることなないとしても、定期的に修繕することはあると思います。

 

外壁の塗り替えとか。

これはほぼやるんじゃないかと。家の大きさによりますが、100万円前後はかかります。

それも住宅ローンの返済中ですよ。

 

あるいは建物ではなくて、家電とか。

家電こそ突然使えなくなりますから。

家電には寿命がありますからね。

冷蔵庫・エアコン・テレビとか、高いですよねー。

 

ですから、ちょっとは貯金できるように住宅ローンの返済額を決めた方がいいです。

 

最後に

家を買うときは背伸びをせずに、あなたが幸せに暮らせるように返済額を決めましょう。

まわりになに言われようが、あなた自身、あなたの家族が幸せじゃなきゃいけません。

 

「友人知人にマイホームを自慢したいから豪華に建てるんだ」っていう幸せを望むなら、それはそれでいいと思います。

ただ覚悟を持ってくださいね。

 

ひとりひとり考え方が違いますが、どうせマイホームを建てるなら「楽しく明るく過ごせる家」を作りましょう。

 

 

1人でも参考になれば幸いです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました