ローコスト(注文)住宅で失敗しない為に【コンセントの取付け位置に気を付けよう】

すまい
スポンサーリンク

ローコスト住宅を建てて間もなく2年が経とうとしています。

2年近く住んで、ちょっと失敗したなーって思うことがあったので紹介したいと思います。

ほとんどの人が人生で1回しか建てない家だからこそ
失敗してほしくない



≫ 家づくりで損しないために【持ち家計画】

コンセントの取付け位置

失敗したところ

扉の裏側にコンセントを付けてしまったことです。

私が建てたローコスト住宅メーカー「パパまるハウス」は、コンセントはお客が図面をみて〈ここに付けてほしい〉とお願いします。

私は注意したつもりが、1か所だけこうなってしまったのです。

私の確認不足でした。

人によっては扉の裏にコンセントがあってもいいかもしれませんが、なんせ私の家の場合、加湿器や除湿器を置いたら扉を開けるたびにコードが引っかかって、イライラしてしょうがないんです。

本来なら

こんな感じなんです。

そうすると掃除機を使う場合、私の家の廊下にはコンセントがないので部屋からつなげるしかないので、扉の横にあると大変使い勝手がいいです。

ですからコンセントの取付け位置は本当大事です。

良かったところ

パパまるハウスでは、屋外のコンセントは追加オプションで1か所4,500円かかりますが、付けてよかったです。

現在センサーライトを付けています。

車の車内清掃で掃除機を使ったり、あるいはDIYが好きなので工具関係を使用する時に利用します。

外に1か所は欲しいですね。

ほとんどの人が人生で1回しか建てない家だからこそ
失敗してほしくない



≫ 家づくりで損しないために【持ち家計画】

最後に

コンセントの取付け位置というのはちょっとしたことかもしれませんが、ローコスト住宅で満足するにはこういうささいなことの積み重ねだと思います。

大手のハウスメーカーで建てなくても、1つ1つ丁寧に確認しながら計画を建てれば、ローコスト住宅でも十分(じゅうぶん)満足できる家が作れます。

ではでは1人でも参考になれば幸いです。

火災保険について

2022年度は現行の保険期間が最長10年から5年に短縮される見通しとなり保険料も引き上げる方向ということで加入者にはますます負担が増える火災保険。

これも度重なる自然災害が増え、被害額に対する支払いが多くなったため

なので火災保険の更新がある方はチェックをおすすめします。

サイト 火災保険の一括見積もりサービス

火災保険の見直しのタイミング
  • 住宅の増築・改築のタイミング
    → 増築・改築を行った場合、保険会社へその通知を怠ってしまうと保険金が支払われない可能性があります
  • 家族構成に変化があったタイミング
    → 一緒に暮らす家族が増えれば家財が増えますし、その逆の場合は家財が減りますので、家財の補償についてよく確認して見直しましょう。
  • 更新通知(満期)のお知らせが届いたとき
    →「今の自分の生活スタイル」に合っているかどうか、足りない特約・補償内容はないか、しっかり見直してみましょう。

上記に当てはまる方は絶好のタイミングなので見直しをおすすめします。

≫ 火災保険の一括見積もりサービス



コメント

タイトルとURLをコピーしました