子供にスマホを持たせるときGoogleファミリーリンクを導入するといいかも

子どもにスマホを渡すなら時間を守らせたい スマホ




小中学生にスマホを持たせることで心配事が増える。

だけど、『Googleファミリーリンク』を導入することで少しは気が楽になるかも。

Googleファミリーリンクを導入したらどうなる?

親のスマホから様々なことが確認できる


  • 現在地を知れる
  • YouTubeの規制
  • スマホをロックできる
  • スマホの利用時間の設定
  • スマホ利用できる時間帯の設定
  • インストールしたアプリを把握できる
  • スマホを鳴らす

※13歳未満場合

サイト ファミリーリンク

保護者向け Google ファミリー リンク
保護者向け Google ファミリー リンク
開発元:Google LLC
無料
posted withアプリーチ

実際に使用してみて

実際に使ってみて何が良かったって「スマホの使用時間を決められる」ので子どもたちが長時間スマホを見ることがない。

※まだ子供が幼いので以前私が使っていたスマホを自宅用として使っています。

  • スマホの利用時間の設定

この機能です。

具体的に言うと、「1日の利用時間」の設定。

私の場合は3時間に設定しています。

子どもが3人で順番に。

そして「おやすみ時間」という設定もあります。

こちらは指定した時間帯はスマホを利用できなくなるという設定です。

20時からおやすみモードに入る設定をしているのですが、時間になったら有無を言わさず強制的に終わらせることができる。

だから子供は「寝る時間だって」と言ってスマホを持ってきます。

他に良い機能としては「インストールしたアプリを把握できる」ということかな。

  • インストールしたアプリを把握できる

子どもが「このアプリで遊びたい」と言います。

だけど子どもが勝手にインストールすることができません。

親である私が「私のパスワード(親のアカウントのパスワード)」を入力しないとインストールできないのです。

なのでどんなアプリで遊びたいのが確認できる。

変なアプリ(怖い系とか)を入れることもない。

あと気になるのが、「居場所」を知ることができるということ。

  • 現在地を知れる

幼い子どもを守るのは親の役目ですから。

ここは大事。

それにもう少し大きくなって外で持ち歩くようになったら、どこかに置いてきてしまう可能性がある。

だけどこの機能があればスマホの場所を知ることができるので安心できる。

たとえ置いてきたスマホを誰かが持って移動しているようだったらこの機能を使って悪用を防げる。

  • スマホをロックできる

ただ、Googleファミリーリンクで注意することがあります。

13歳以上は緩くなる

私自身まだ子供が13歳に達していないのでこちらを参考に書いています。

参考サイト お子様が 13 歳(またはお住まいの国の該当する年齢)になったときの Google アカウントの仕組み

子どもが13歳以上になったら、子ども自身でアカウントを管理し一部の制限が解除になってしまう。

  • おやすみ時間の設定
  • アプリの許可またはブロック

アプリの管理ツールの機能がオフになる。

また居場所を知る「現在地機能」ですが子ども自身で選択することができる。

  • 現在地の共有機能がオフになる。
    子供が必要に応じて、この機能を再びオンにすることができる。

だけど親が継続して管理できる機能もあります。

※サイトに記載されていないので利用できると考えています。

参考サイト お子様が 13 歳(またはお住まいの国の該当する年齢)になったときの Google アカウントの仕組み

それは「1日の利用時間」。

だから子どもが大きくなってもここだけは子どもと相談して、1日の利用時間を決めることができる。

スマホ依存症を防ぐことができるかな。

そもそも、子どもの判断で現在の管理機能の設定を維持し、引き続き親にアカウントの管理を任せることができます

何にせよ子どもと相談することが一番です。

最後に

スマホを持つということにあたり、ルールを決めるというのは難しい。

だけど少なくとも「スマホを利用する時間」は強制的にでも決めるられるのであれば助かる。

「もう2時間スマホいじったでしょ‼」

「まだあと30分あるよ‼」

アプリを管理することでこういう言い争いはなくなると思うし。

それにスマホで遊ぶ時間があるなら、その時間を違うことに使って欲しいというのが親の気持ちですからね。

ではでは少しでも参考になれば幸いです。

合わせて読みたい記事 初めて格安スマホを買うなら【イオンモバイルのスマホセット】をおすすめします

コメント

タイトルとURLをコピーしました