長野県佐久地域の日帰り温泉【滝見の湯と八峰の湯】を比較してみた

お出かけ




こんにちは。

日帰り温泉数 都道府県別ランキングNO,1の長野県に住んでいる くろぶちです。

知らなかったー。

長野県に日帰り温泉の数が2016年時点で654軒もあるんですね。

参照元都道府県別統計とランキングで見る県民性

 

その中の2軒ですが、紹介したいと思います。

 

滝見の湯と八峰の湯

長野県佐久地域とありますが、佐久市ではなく両施設とも佐久市の南側にある町村にあります。

 

滝見の湯(たきみのゆ)

長野県南佐久郡南相木村にあります。

 

八峰の湯(やっほうのゆ)

長野県南佐久郡小海町にあります。

 

温泉

内湯

内湯の施設で共通しているところは、

  • 洗い場
  • 浴槽
  • サウナ

があります。

違う点は、

 

滝見の湯

  • ミストサウナ
  • 打たせ湯

がある。

 

八峰の湯

  • 源泉流し湯
  • 遠赤外線サウナ

がある。

別途料金で岩盤浴がある。

 

露天風呂

滝見の湯

眺めは目の前まで森林がせまってきていて、マイナスイオンを感じることができます。

なんせ山奥にありますから。

 

また、「犬ころの滝」というちょっとした滝も眺められます。

ただ片方の露天風呂しか見れませんので、夫婦やカップルで行った場合、どちらかしか見れませんのでその点は承知しておいてください。

 

八峰の湯

眺めは山の中腹にあり開けているので、遠くの山まで見えて解放感があります。

露天風呂は長細くて広いので大人数で入れます。

 

料理

滝見の湯

食事処は畳座敷みたいな感じで、座るところとイスにテーブル席というパターンがありました。

おすすめ料理は「相木定食」と「シナノユキマス定食」です。

 

私は「シナノユキマス定食」をたべました。

長野県にいながらシナノユキマスにあまりなじみがなかったので、どんな味かなぁって興味があったので食べてみました。

クセがなくて淡白でおいしかったです。

 

子どもはカレーを注文しましたが、子どもにはちょっと辛かったみたいです。

 

八峰の湯

食事処は滝見の湯と同じで、畳座敷とイスとテーブル席があります。

 

料理の種類は多かったです。

そしておいしくてリーズナブルな価格です。

信州牛や佐久鯉も食べれます。

 

小さいお子さんがいる家庭でしたら、八峰の湯の食事をおすすめします。

 

休憩所

滝見の湯

休憩スペースには、雑誌・漫画本が2000冊以上あり、本好きでしたら一日中楽しめると思います

 

八峰の湯

休憩スペースは2か所あり、1つは大勢でくつろげる大きいなスペースがあり、もう1つは仮眠できるぐらい静かな部屋があります。

 

精算(会計)の仕方

滝見の湯

すべて前払いになっています。

建物の入口に入ったらすぐ受付のフロントがあるので、そこで入浴料金を払います。

食事は食事券を購入して、食事処のカウンターに持っていきます。

 

八峰の湯

精算は最後にします。

下駄箱のカギをフロントに持っていったら、バーコード付きのリストバンドと交換します。

食事をとる方は、バーコードを読み取り、帰る際に入浴料と食事代を支払います。

 

料金

滝見の湯

〔入浴〕

  • 大人450円(中学生以上)
  • 小人300円(4歳以上小学生)

※「ながの子育て家庭優待パスポート」があれば、小人は半額になります。

〔販売品〕

  • フェイスタオル260円
  • バスタオル540円
  • 歯ブラシ60円
  • カミソリ60円

 

八峰の湯

〔入浴〕

  • 大人: 500円
  • 子ども(4歳~小学生): 200円

〔レンタル〕

  • レンタルタオルセット: 150円 (フェイスタオル・バスタオル)

岩盤浴は別途 500円 (岩盤浴衣・敷きタオル付き ※岩盤浴のみの入浴はできません。

 

アクセス

滝見の湯

国道141号線より東側にあるのですが、不安になるぐらい山を登っていきます。もちろん車ですよ。

141号線を曲がったら、10㎞ぐらい信号がありません。

〒384-1211 長野県南佐久郡南相木村5633-1
TEL.0267-91-7700

 

八峰の湯

国道141号線を西側にあるのですが、ちょっとクネクネしています。

〒384-1103 長野県南佐久郡小海町大字豊里5918-2
電話番号:0267-93-2288 FAX番号:0267-93-2520

 

最後に

滝見の湯と八峰の湯は比較的近いです。

車で1時間で行けるかな。

温泉のはしごもありですよ。

 

それぞれ特徴があって両方行くのが1番のおすすめです。

 

最後に、温泉の周りは景色がとてもいいです。

そういう時はやはりカメラでの撮影がおすすめです。

色あせない旅行の思い出を作ってみてはいかがですか。

あわせて読みたい記事  ≫【気になるミラーレス一眼】初心者でも簡単にキレイに撮れる

 

1人でも参考になれば幸いです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました